衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: マイクで録音した音を効果音として使えるミニゲーム集

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: マイクで録音した音を効果音として使えるミニゲーム集
ハード: DSiウェア
ジャンル: アクション・レースなど

○概要
シンプルなミニゲーム集。マイクで音を録って、ゲームの効果音として使うことができる。


○収録されているゲーム
2Dアクション、レース、STGなど、オーソドックスなゲームを何本か収録。どれも規模の小さなミニゲームである。
mroktms1.jpg
これらのゲームにマイク録音で効果音を付けていく。
例えば以下のような遊び方ができる。

・レースゲームの車のエンジン音に実際の車のエンジン音を録音して使用するなど、リアルな音を拾い集めてゲームを作る。手間はかかるがそこそこ迫力のあるものが作れる。
逆に、見た目がシンプルなゲームにあえてリアルな音を付けてギャップを生むことも可能である。

・効果音を全て声で再現。例えばアクションゲームでダメージを受けたさいの音を、「ブッ」と短く吐いた息の音でやってみたり。
mroktms2.jpg
なかなかカオスな(あるいはチープな)雰囲気になりそうだが、逆に味があるかもしれない。

・実在のゲームの音を使う。複数のゲームの効果音を混ぜこぜにして楽しむといったこともできる。

-----------------

効果音を人の声で作ったらなかなか面白おかしいゲームになるんじゃないかと思って書いた企画です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/946-caf86150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。