衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: 文章を正しく理解する力を養うためのクイズゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: 文章を正しく理解する力を養うためのクイズゲーム
ハード: DSiウェア
ジャンル: クイズ

○概要
文章を読んで正しく理解する力を問うクイズゲーム。選択肢から回答を選ぶ形式。

○内容
文章理解をテーマにしたクイズゲームである。
まずはお題となる文章が提示され、それに合わせた選択肢(文)がいくつか提示される。
下に簡単な例を示す。

文章:
ゲームの下地になるアイディアをまとめた文書のことを企画書と呼ぶ。
企画書では必ずしもゲーム内容を全て説明する必要はなく、ゲームのコンセプトや面白さを伝える上で必要最低限のことが書かれていればよい。
逆に、ゲーム制作に必要な情報を全て記載したものを仕様書と呼ぶ。一般に仕様書は企画書に比べてはるかに内容が多い。建築における設計図と同じような役割を担う。
企画書にしろ仕様書にしろ、一貫したコンセプトに基づいて仕上げることが重要である。

選択肢:
A.企画書と仕様書は同じものである。
B.ゲームは、企画書にまとめられたアイディアを下地にして作られる。
C.仕様書の内容は、一般に企画書の内容に比べてはるかに多くなる。
D.建築における設計図と、ゲーム制作における企画書は、同じような役割を担う。
E.コンセプトはゲームを面白くする上で重要な意味を持つ。

(注:上に用意した文章は筆者が勝手に考えたものであり、実際のゲーム開発における企画書や仕様書について正しく説明しているとは限らない)

この例の場合BとCが正解となる。Eは内容的には正しいかもしれないが、文章から導き出せることではないので不正解となる。
あくまで最初に提示された文章を理解しているかどうかが重要であり、常識的・主観的に正しいかどうかは問題ではない。

○ゲームのコンセプト
コンセプトは文章を理解する楽しさである。
人間には、理屈や意味がすっきりと理解できると「気持ちいい」と感じる瞬間がある。
なんとなく読むのではなく、きちんと書き手の意図を理解しようとする読み方を心がけることで、パズルを1つ1つ解いていくような満足感が得られるはずである。

また、文章を読み解く力は日常生活でも重要なものである。
そういった力を養うトレーニングソフトとしての意味合いもある。

-----------------

これは自分で思いついたアイディアというわけではないです。
以前自分が受けた試験に似たような感じの問題があってちょっと面白かったので、「これゲームにしたら楽しそう」と思ってほぼそのまま企画書にしちゃいました。
漢字の書き取りがゲームになってたりするし、DSならアリかなと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/932-340d2cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。