衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: 応援する楽しさを重視したロボット育成ゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: 応援する楽しさを重視したロボット育成ゲーム
ハード: WiiまたはDS
ジャンル: 育成・プログラミング?

○概要
ロボットのAIを組んで他のロボットと競わせる育成シミュレーション。ロボットごとに性格が形成される。「応援する楽しさ」がコンセプト。


○ロボットの競技内容について
このゲームではロボット同士が何らかのルールに沿って競い合う。
どんなルールにするかについてはまだ決めない(作りながら考える)が、今回は説明しやすいように「1vs1のロボット格闘」という例のもとに話を進める。
人間の格闘技と同じようなルールでロボット同士を戦わせる、と考えてもらえば良い。


○AI
ロボットのAIは自分でプログラムする。AIは「条件」+「行動」によって成り立つ。
例えば「敵がパンチしてきたら」という条件と、「体を傾ける」という行動があったとする。
これらを組み合わせてセットすれば「敵がパンチしてきたら体を傾けてかわす」というAIになる。
otjrig1.gif
「条件」「行動」はあらかじめゲーム内にたくさん用意されていて、それらを自由に組み合わせることによってロボットのAIを組み立てていく。


○試合
ロボット同士で試合を行う。このさいロボットはあらかじめ組み込まれたAIによって動作し、プレイヤーは一切操作できない。

ただしプレイヤーはロボットに声をかけることができる(ボタンを1つ押すだけでOK)。
ロボットが相手の攻撃を受けて負けそうになったときなど、タイミングよく声をかけることでロボットに活を入れることができる。

プレイヤーが試合に介入できる部分はあえて少なくする。
このゲームのコンセプトはあくまで「応援する楽しさ」だからである。コンセプトについては後述。


○性格システム
試合を通して、ロボットにはさまざまな「性格」が付加される。例を挙げると、

・何度も他のロボットに圧勝し、負けをほとんど経験していない。
 →自信過剰な性格になり、油断して隙ができやすくなる。
・負けそうなときにタイミングよく声をかけて活を入れる。これを何度も繰り返す。
 →追い込まれるほどパワーを発揮する性格に。

といった具合。様々な条件で多様な性格が次々と付加されていく。
AIと違い、性格付けを完全にコントロールすることはできない。

→ロボットに個性を与え、愛着を持ってもらう。
→不確定要素を加え、試合の流れを予想しづらく。



○コンセプトは「応援する楽しさ」
このゲームのコンセプトは、スポーツなどを観戦しているときに感じる興奮をゲームの世界で再現する、ということである。
スポーツ観戦の楽しさを2つのポイントにまとめた。

1.自分が応援している選手が勝つと楽しい
このゲーム内では「選手=ロボット」と置き換えられる。AIをじっくり練る過程や、性格システムによる個性付けにより、ロボットへの愛着を持ってもらう。
思い入れのあるロボットだからこそ、勝つ瞬間が楽しいはず。

2.自分では介入できないからこそハラハラする
自分で操作できるゲームでは、ピンチになっても自分の工夫次第で乗り越えられる場合が多い。しかしこのゲームは試合中はロボットにほぼ干渉できないので、追い込まれたときの不安や緊張が大きくなる。
また性格システムにより不確定要素を増やし、試合の展開を予想しづらくしている。

→自分のロボットが勝つ瞬間に強い興奮を得られるように。

-----------------

スポーツ観戦で自分の応援している選手が優勢になって「おおっ」となり、今度は押し返されて「負けるのか?」と不安になり、最後に挽回して見事勝利を収めた瞬間に思わず自分もガッツポーズを取る・・・
というあの興奮を、どうにかゲームの世界で再現したいという企画です。

コメント

なるほど
それは面白そうだ

  • 2010/03/28(日) 23:31:27 |
  • URL |
  • 決壊 #iDiRVv4.
  • [ 編集]

応援機能を除けば、実際に
そんなゲームがありました。
現在は閉鎖されましたが、
フジテレビのゲームコーナーの
「ロボ王」

課金もできるブラウザゲームで、
当時はすごくおもしろかったです。

応援というのはDSなどでもあまり見ないので
おもしろそうですね。

  • 2010/03/29(月) 13:18:36 |
  • URL |
  • ぽん #-
  • [ 編集]

「マグロの中真は中トロ」みたいな感じは自分は好きです

  • 2010/10/24(日) 21:01:53 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/925-63e78b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。