衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: モーションプラス+ポインタで物をつかんだり投げたりする3Dアクションゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: モーションプラス+ポインタで物をつかんだり投げたりする3Dアクションゲーム
ハード: Wii
ジャンル: 3Dアクション

○概要
ポインタで物をつかみ、振り回したり投げたりして遊ぶ3Dアクション。モーションプラスを使ってプレイヤーの腕の動きをダイレクトにゲーム内に伝える。


○基本
・使用コントローラはリモコン+ヌンチャク+モーションプラス。
・ヌンチャクのスティックで移動できる。

○つかみ操作
・画面内の物体をポイントしてAを押し続けることにより、つかむことができる。
mpmtn3da1.jpg
つかんだ物体をそのまま持ち運ぶことができる。またモーションプラスによってプレイヤーの手の動きを検知し、振り回して敵にぶつけたり、投げ飛ばしたりすることもできる。
ちなみに物をつかめる距離はそれなりに長く、数メートル先にあるものをつかみ上げたりすることができる。物をつかめる距離=手が届く距離、というふうに考える必要はない。

・伸縮
ヌンチャクのZ、Cボタンを押すと、つかんだ物体との距離を伸ばしたり縮めたりすることができる。
mpmtn3da2.jpg
距離を縮めれば、あたかも手で直接つかんでいるかのように扱える。距離を伸ばして遠くを攻撃するような使い方もできる。
伸ばした場合は、イメージとしては、長い棒の先端に物体をくくりつけて振り回しているような感じである。

また伸ばした状態でヌンチャクを振ると、素早く物体を手元に引き戻すことができる。

・壁つかみ
壁や天井など動かせないものをつかんでから距離を縮めると、逆にプレイヤー自身がそちらの方へと吸い寄せられる。
これを利用し「天井や壁をつかむ→ヌンチャクを振って素早く近づく」というアクションを繰り返すことにより、壁から壁へと飛び回るようなアクションも可能になる。
「ゼルダ」シリーズのフックショットを、連続であちこちに撃ち込めるようなものだと思ってもらえれば。

・何かしら条件を満たすことにより、より重たいものをつかんで動かせるようになる。
最終的には高層ビルをつかんで敵にぶつけたりするようなバカゲーになるかも。
mpmtn3da3.jpg
重いものほど攻撃力が増す。フィールドのあるもの全てが武器になるのがこのゲームの特徴でもある。

-----------------

3Dゲームというのは昔から操作の難しさがつき物で、どうやったら思い通りにゲームの中のものを動かせるようになるか、ということをいろんな人たちが研究してきたように思います。
ポインタとモーションプラスを併用すれば、もっと直感的な3Dアクションゲームが実現するだろうなという予感があります。

ちなみにこの企画書を見て「エレビッツ」を思い出した人がいるかもしれません。エレビッツはWii初期のゲームで、ポインタを使って物をつかむという部分が同じです。
エレビッツに影響されたかどうかは自分でもよく思い出せませんが。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/880-3bc768fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。