衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: 後退不可のアクションシューティング+投げ

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: 後退不可のアクションシューティング+投げ
ハード: Wii
ジャンル: アクション・シューティング

○概要
カメラ操作の必要がない3Dアクション・シューティング。ひたすら前進しつつ敵を撃ち、リモコン操作でさまざまな物を投げ飛ばせる。


○ゲーム画面
kfaspn1.jpg
プレイヤーの後方からの視点で、カメラは常に前方を向いている(横を見たり振り返ったりすることはできない)。
カメラは常時プレイヤーの後方に張り付き、プレイヤーが前進すればカメラも前進する。


○操作
リモコン+ヌンチャクを使用。

・ヌンチャクのスティック←→で左右移動、↑で前進、↓でしゃがむ。後退することはできない。

・Z+スティックで緊急回避。敵の攻撃をとっさにかわしたり、遮蔽物の裏に飛び込んだりするときに使う。
kfaspn2.jpg

・Cボタンでジャンプ。

・ポインターで狙いをつけ、Bボタンでショット。
kfaspn3.jpg

・敵やオブジェクトが近くにある場合、Aボタンで掴むことができる。そのままリモコンを振ると投げ飛ばす。
リモコンを左に振れば左に、右に振れば右に投げる。縦に振れば前方に投げる。
kfaspn4.jpg
敵を直接壁などに叩きつければ大ダメージを与えられる。敵の集団にドラム缶などを投げ込んでまとめてなぎ倒すこともできる。

投げモーション中は一時的にカメラアングルを変え、見た目を派手に。例えば下から見上げるような視点だと投げのインパクトが増すはず。


○コンセプト
後退操作がないのは、カメラ操作を省略してシンプルに遊べるようにするため。後ろに進めない→前だけ見ていればよい、ということである。
煩雑になりがちな3Dゲームの操作を簡略化することが狙いである。

-----------------

ヌンチャクで移動してポインタで撃つ、っていうシンプルな3Dアクションがもっと遊びたいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/803-2fdf538c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。