衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: 人間関係が大事なダンジョンRPG

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: 人間関係が大事なダンジョンRPG
ハード: DS
ジャンル: ダンジョンRPG

○概要
キャラクター同士の人間関係がゲーム進行を左右するダンジョンRPG。


○基本システム
・「世界樹の迷宮」のような、ひたすらダンジョンにもぐるタイプのRPG。ワールドマップなどはなく、プレイヤーは拠点となる街とダンジョンをひたすら往復する。

・職業やスキルを決めてキャラクターを登録する(これも「世界樹の迷宮」と同じような感じ)。名前も自分でつける。
いわゆる「主人公」などの区分けはなく、メンバーはいつでも追加・削除ができる。


○人間関係
・メンバーには、登録時にそれぞれランダムに性格が設定される。これがキャラクター同士の人間関係に影響する。
nkddr1.jpg
我が強くて孤立しやすい、活気があって周囲を元気付ける、ほんわかした雰囲気でメンバーのいざこざを緩和するなど、様々な性格がある。

・個々の人間関係はステータス画面で確認できる。
「AはBを信頼している」「BはCが苦手」「DはAの顔を見てうんざりしている」などの情報を見ることができる。

・キャラクターごとの日記を見ることができる。日記には、他のメンバーとの会話やイベントなどが記録されている。
「Bと装備を買いに行って会話が弾んだ」「今日はずっと死にかけだったのに、なかなか回復魔法をかけてもらえなかった」など、キャラクターの思ったことがあれこれ綴られる。
日記を読むことで、キャラクターの性格を知る手がかりや、人間関係を円滑にするためのヒントを得ることができる。

・性格には相性がある。どうしてもかみ合わない場合、メンバーを交代するという手もある。
普通のRPGと違い、ステータスの高いメンバー構成なら良いとは限らない。


○仲良し度
・同じメンバーと一緒にいる時間が長いと、ある程度までは自然に仲良し度が上がる。仲良し度が高いメンバー同士だとステータスにプラスが入り、ダンジョンを攻略しやすくなる。
nkddr2.jpg
仲が悪いと逆にステータスダウンする。

・強敵を苦労して倒すとチームの絆が深まる、死んだ仲間を回復せずに長時間放置すると仲が悪くなるなど、ダンジョン内での出来事に応じて仲良し度が変化する。
ダンジョンの外でも、一緒に酒場で飲んだり、アイテムを買いに行ったりすることで仲良し度が変化する。
仲良し度が変化するようなイベントは日記に書き残される。


○恋愛
・メンバーに好きな異性がいると、さらにステータスがアップする。
両思いの状態でなんらかの条件を満たすとカップルが誕生し、大きくステータスがアップする。
nkddr3.jpg
ただし三角関係が起きている場合、人間関係に危険な亀裂を産むこともある。


○ねらい
ステータスやスキルだけでなく、性格や人間関係という要素を加えることにより、キャラクターたちにさまざまな個性を与えプレイヤーの感情移入を高めることを目的としている。

また、キャラクターたちの姿をプレイヤー自身に思い描いてほしい、という意図もある。
日記などをきっかけにしてプレイヤー自らキャラクターの姿をイメージし、自分なりの解釈でその人間関係を観察して楽しんでもらう、というところに重点を置いたゲームである。

-----------------

「世界樹の迷宮」の二次創作漫画を見てて思いついた企画です。
ゲーム中では一切喋らないキャラクターたちに個性を与え、そこにある人間関係を妄想して楽しむ、という二次創作的な楽しみ方を取り込んだら面白いかなと。
結果的に、この仕様だとさらに妄想のきっかけが増えて、二次創作のネタになりやすい感じがします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/789-ef12172c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。