衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム企画書: ポインティングレーシングアクション

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際にゲームを作るわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際には作りませんが、企画書の中には実際に作ることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: ポインティングレーシングアクション
ハード: Wii
ジャンル: 3Dレース・アクション

○概要
ポインターとリモコンのひねりで操作するレースゲーム。ポインティング+Aボタンでジェットジャンプができる。

・ゲーム画面
pra1.jpg
画面中央が自分の操作するキャラクター。ジェットのついたスケボーみたいなものに乗っている(速そうな乗り物であれば別のものでもよい)。
画面は3Dで、キャラクターの後方からの視点。

○操作
使うのはリモコンのみ。リモコンは縦に持つ。

・前進
自動で加速していく。ブレーキはない。

・カーブ
リモコンのポインタでカーブ操作を行う。
画面の左の方をポイントすれば左に、右の方をポイントすれば右に曲がる。
加えてリモコンを左右にひねるように動かすと、より急角度に曲がることができる。

・ジェットジャンプ
Aボタンを押して溜めてから離すと、ジェットジャンプができる。
ジェットジャンプは、ポインタで指し示した場所に向かって勢いよく飛び出すアクションである。
pra2.jpg
Aボタンを押しつつポインタで狙いを定める。
pra3.jpg
Aボタンを離すと勢いよく飛び出す。溜めた時間に応じて飛び出すパワーが強くなる。

ジェットジャンプを駆使し、起伏の激しいステージを乗り越えていく。
レースゲームのように地面を走るというよりは、アクションゲームのようにジャンプで障害物を乗り越えていく感覚の方が近いかもしれない。

○壁走り
pra4.jpg
壁や天井にひっついて走ることも可能。感覚的には3Dになってからの「F-ZERO」シリーズに近い。
壁走りとジェットジャンプを駆使することで、3D空間を自由自在に走りまわることができる。

○まとめ
・手首の動きとボタン1つで操作できるシンプルなレーシングアクション
・ジェットジャンプと壁走りシステムで、アクロバティックかつ爽快なアクションを

-----------------

ポインター駆使してぶっ飛びまくってるだけでも楽しいんじゃないかと思って作った企画です。
ポインターを活用したゲームをもっと遊びたいのう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/631-bd322cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。