衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: タッチ操作でユニットを操作してブロックを運ぶパズルアクション

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような言い回しが入ることがあります。
・自力で実現可能な企画かどうかは考慮しません。

企画名: タッチ操作でユニットを操作してブロックを運ぶパズルアクション
ハード: DSiWare
ジャンル: パズルアクション

○概要
タッチ操作で複数のユニットに指示を出し、ブロックを規定の位置に運ばせるのが目的のパズルアクション。


○ルール
下画面を主に使用する。
2Dの俯瞰視点のゲームで、フィールドにはブロックやユニット、敵などが表示されている。
tsysbhpa1.jpg
黄色いブロックを、同じ形の枠の場所(緑色の部分)まで持っていけばクリア。青い丸はプレイヤーが操作するユニットで、赤い三角形は敵である。

○操作
タッチペンでユニットをタッチし、そのままスライドすることで、ペンで描いた軌跡の通りにユニットが移動する。
このさいブロックに重ねるように線を描くと、そのブロックをユニットが押して運んでくれる。
tsysbhpa2.jpg
壁などに引っかかってブロックが動かせなくなることもあるので、どのようにユニットを動かして、どういうルートでブロックを運ぶかを考える必要がある。
ユニットは画面上に複数いて、手早く指示を出せば同時に動かすこともできる。

○敵
敵は近くにいるユニットに向かって移動してくる。ユニットと接触すればワンミスとなる。
ブロックを押して壁などに挟み込めば倒すことができる。
tsysbhpa3.jpg

○攻略
このゲームは、ブロックの動かし方を考えるパズル的な要素だけでなく、複数のユニットを連携させるRTS的な要素を含んだゲームである。
例えば1つのユニットで敵を誘導し、その隙に別のユニットでブロックを運ぶ、といった工夫が必要になる。
他にも複数のユニットを同時に扱うことで、複雑な地形でも手早くブロックを運ぶことができたりする。
tsysbhpa4.jpg

-----------------

タッチ操作で遊ぶパズル系のゲームを考えていて思いついた企画です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/1360-fa7958d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。