衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: タッチ操作で色々な攻撃を使い分けるシューティングゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような言い回しが入ることがあります。
・自力で実現可能な企画かどうかは考慮しません。

企画名: タッチ操作で色々な攻撃を使い分けるシューティングゲーム
ハード: DS
ジャンル: シューティング

○概要
タッチ操作で通常弾、貫通弾などを使い分けて敵を倒していく2Dシューティング。


○基本システム
見下ろし視点の2Dシューティングゲーム。上下の画面をぶち抜きで使う。
tsiktsg1.jpg
普通のシューティングゲームでいう「自機」の概念は存在しない。つまり画面上に自機は表示されず、敵や敵弾をかわすというアクションもないということである。

敵は画面下方向に突進してくる。敵や敵弾が下画面の下端にたどり着くとダメージを受ける。
要するに、敵が下に行く前に全て破壊し尽くす必要がある、ということである。

○攻撃
タッチペンを使って敵を攻撃することができる。
攻撃にはいくつか種類があり、攻撃するたびにいくらかエネルギーを消費する。一定量のエネルギーを使い切ると攻撃ができなくなるが、エネルギーは常に一定スピードで自動回復していく。

・通常弾
画面を短くタッチすると、画面下から上に向かって通常弾を発射することができる。
tsiktsg2.jpg
威力は低く、エネルギー消費量も小さい。

・貫通弾
タッチペンでスライドしてやると、その方向に向かって貫通弾を放つことができる。
tsiktsg3.jpg
通常弾よりエネルギー消費が大きいが、上手く狙って複数の敵をまとめて倒せば効率よく攻略することができる。

・防御壁
タッチペンを横方向にスライドすると、その位置に防御壁を設置することができる。
tsiktsg4.jpg
設置した壁は一定時間残るので、突進してくる敵が多いときに効果的。エネルギー消費量は作った壁の長さに比例する。

以上のようにタッチ操作で様々な攻撃を使い分ける。他にもっと攻撃の種類を追加してもいいかもしれない。
敵を避けつつ攻撃する通常のシューティングとは異なり、攻撃だけに専念して戦うシューティングゲームである。

-----------------

シューティングというジャンルにタッチパネル操作を組み込んでみた企画です。
自機の移動と攻撃をタッチペンで同時に行うのはやりづらいので、そもそも自機が存在しない仕様にしました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/1353-bce57855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。