衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: ポインタ操作で3D空間を自由に動き回るアクションゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: ポインタ操作で3D空間を自由に動き回るアクションゲーム
ハード: Wii
ジャンル: 3Dアクション

○概要
ポインタを用いて、3D空間を自由に移動したり、モノを直感的に動かしたりできるアクションゲーム。


○基本ルール
ヌンチャク+リモコンで遊ぶ3Dアクションゲーム。ヌンチャクのスティックで移動する。
通常のゲームと違い、プレイヤーは壁でも天井でも好きな場所に立つことができる。
ps3kjumag1.jpg
言い換えると、プレイヤーが接地している壁の方向に対して重力がかかっている状態になる。
同様に敵やモノなども、それぞれ接地している壁にくっついた状態を維持する。

○操作
・ポインタで壁や床を指しながらAボタンを押すと、その位置にワープすることができる。
ps3kjumag2.jpg
ワープ操作により、見える範囲であればどこでも自由自在に移動することができる。

・ポインタでモノを指しながらBを押すと、それを掴み取ることができる。
ps3kjumag3.jpg
ポインタで直接モノを掴み取るような感覚なので、直感的にモノに干渉することができる。

・モノを掴んだ状態でリモコンを振ると、モノを振り回して攻撃することができる。
掴んでいるモノによって攻撃範囲や隙の大きさなども変わる。
ps3kjumag4.jpg
基本的にこのゲームでは、プレイヤー自身は攻撃手段を持っていない。ステージ上に配置されたモノを利用することで初めて攻撃が可能になる。

・モノを掴んだ状態で壁や床をポイントし、Bボタンを押すとその方向に向かって物体を飛ばすことができる。敵にぶつけて攻撃することもできる。
ps3kjumag5.jpg
壁や床をポイントしている場合、モノは必ずポイントした位置にぶつかって止まる。直感的に狙ったとおりの場所にモノを動かすことが可能となる。

○コンセプト
3Dアクションは2Dアクションに比べて敷居が高い。
例えばジャンプして崖から崖へ飛び移ろうとしたとき、微妙に方向がズレて落ちてしまうというのは3Dゲームではよくある話である。
ps3kjumag6.jpg
攻撃が敵に当たりにくかったり、動かしたい方向にモノを動かせなかったり、自由度が高いぶん思い通りに動かしにくくなるのが3Dゲームの性質と言える。

そういった難しさをポインタ操作によって簡単化し、より直感的に、より自由自在に3D空間に干渉できるゲームを実現することが今回の企画のコンセプトである。

-----------------

Wiiリモコンには3Dのゲームをより遊びやすくする力があると思います。
スティックとボタンで遊ぶ従来型の操作にポインタ操作を加えることで3D空間に干渉しやすくする、今回の企画書のような方向性もまだまだいろんな可能性があると思います。
モーションセンサやモーションプラスなど、プレイヤーの立体的な動きを感知するセンサも3Dと相性がいいですね。
Wiiリモコンと3Dゲームの可能性を追求するゲームがもっと増えてほしいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/1156-836511d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。