衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: 列になって歩く人々を制御してゴールに導くゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: 列になって歩く人々を制御してゴールに導くゲーム
ハード: DSiWare
ジャンル: パズルアクション

○概要
ひたすら右へと歩く人の列をタッチペン操作で制御し、なるべく多くの人を巻き込んでゴールへと導くゲーム。


○ルール
ゲーム開始と同時に、ステージ左端に立っている人が右に向かって歩き出す。
ステージは横長(十字キー左右で画面スクロール)で、右端にはゴールがある。
rahsgmg1.jpg

ステージ上にはあちこち人が突っ立っている。歩いている人が止まっている人に接触すると、列を作って一緒に歩き出す。
rahsgmg2.jpg
どんどん接触することにより、列はどこまでも長くなっていく。

・人にタッチすると、一時的に歩みを止めさせることができる。
このさい、止まった人より後ろにいる人も一緒に止まる。
rahsgmg3.jpg
この操作により人の動きを制御したり、列を分けたりできる。
止めた人をもう一度タッチすると再び歩き出す。

・ゲームの目的は、できるだけ長い人の列を作ってゴールへと導くこと。
しかし列を長くするとそのぶん扱いが難しくなる。

例えば一定間隔で針が飛び出す床があったとすると、
rahsgmg4.jpg
針に人が刺されないよう列を分離して、タイミングを計る必要がある。
このように、列を上手く制御しないと避けられないようなトラップをステージ上にあれこれ用意する。

また、複数の列で協力して進むべきところもある。
rahsgmg5.jpg
下にいる列にスイッチを踏ませて上のドアを開け、
rahsgmg6.jpg
上の列で立ち止まっている人を新たに確保する、というように複数の列を使い分ける必要がある。

ステージ上に立ち止まっている人をできるだけ多く列に巻き込みつつ、列を分離したり合体させたりしながらゴールを目指すゲームである。

-----------------

アリが一匹歩いているのを見てもさして面白くないですが、大量のアリが一列になって歩いているとなんとなく目で追ってしまうことってないでしょうか。
「列を成してぞろぞろ歩いている」という動きの見た目の面白さを、何かしらゲームの中に取り込めないかと思って書いた企画書です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/1114-5a6a31b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。