衝突回路

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画書: 隕石やミサイルをキャッチして基地を守るゲーム

企画書です。

企画書カテゴリについて
・ゲームソフトなどの企画書を書きます。
・実際に企画を行うわけではありません。企画書そのものがコンテンツです。
・実際にはやりませんが、企画書の中には実際にやることを前提にしているかのような文言が入ることがあります。
・自力で実現可能な企画か、という点はほとんど考慮しません。

企画名: 隕石やミサイルをキャッチして基地を守るゲーム
ハード: Wii
ジャンル: FPS

○概要
基地に向かって飛んでくる様々な物体をポインタ操作でキャッチするゲーム。


○基本システム
FPSに近い3Dゲームで、主観視点でキャラクターを操作して遊ぶ。
ヌンチャクのスティックで移動、リモコンのポインタで視点変更(画面端にポインタを持っていくと視点が回転する)。

・物体
隕石やミサイルなど、様々な物体が基地に向かって飛んでくる。
imckmg1.jpg
ゲームの目的は、これらの物体を「キャッチ」して、基地にぶつかるのを防ぐことである。

○キャッチ
ポインタで飛んでくる物体に狙いをつけ、十分に引き付けた上でAボタンとBボタンを押すと、物体をキャッチして無力化することができる。
imckmg2.jpg
A+Bボタン同時押しなのは、物体を「掴む」感じをボタン操作で表現するためである(リモコンのAボタンとBボタンを両方押すと、リモコンをぎゅっと掴むような格好になるため)。

FPSと違うのは、物体を撃つのではなく、掴む必要があるところである。物体の軌道をしっかりと見て、物体に近づけるよう位置取りすることがポイントになる。

キャッチに失敗した物体は基地に衝突し、ダメージが蓄積していく。一定以上のダメージを受けると基地が崩壊しゲームオーバーとなる。

・ヌンチャクのスティックを倒しながらヌンチャクを振ると、スティックを倒した方向に飛びつく(一時的に高速移動する)ことができる。
また、Zボタンでジャンプができる。

キャッチングにおいて重要なのは、いかに物体が飛んでくる場所に先回りするか、ということである。
あらかじめ物体の着弾点に立っていれば、あとはポインタでじっくり狙いをつけてタイミングよくボタンを押すだけなので、比較的難易度は低い。

移動しながら物体をキャッチしようとすると狙いがブレやすくなるので、難易度が上がる。
ジャンプや飛びつきをしないと物体に届かないような状況では、さらに難しいキャッチングが要求される。
そういった難しいプレイを成功させた時の快感もまた、このゲームにおける重要な要素の1つである。

・物体の軌道は一通りではない。基地に向かって直進する、ゆるやかなカーブを描く、ボールのようにバウンドする、など色々な軌道を描く。
imckmg3.jpg
軌道を良く見て、どこに立っていればキャッチしやすいか素早く判断することが重要になる。

-----------------

この企画書のアイディアの元になっているのは、野球の守備のキャッチングです。
フライをキャッチするだけでも最初は難しいんですが、それがグラブの中にピタリと収まるようになるとちょっと気持ちいいんですよね。
さらに、勢いよく飛んでくる打球に全力で駆け寄って、腕を伸ばしてぎりぎりキャッチできたりするともっと気持ちいいです。
そういった楽しさをゲームに落とし込もうという試みです。

コメント

実際につくってみたら?

  • 2010/09/20(月) 12:11:42 |
  • URL |
  • kubo #-
  • [ 編集]



もしその気になったとしても、作り始めるのは今のゲームが一段落してからでしょうね。

  • 2010/09/20(月) 22:56:48 |
  • URL |
  • atsu #/BK2U.RI
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://idada.blog89.fc2.com/tb.php/1093-d71576cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。